経営

会社を潰す方法を考える 経営

会社を潰す方法を考える

自分の会社を潰す方法を考えてください。 経営の話の中で「何を馬鹿なことを!」と思った人もいることでしょう。 しかし、これ実は結構重要なことで、成功している会社の経営者が経営手法のひとつとして教えておきたいことでもあったりするのだそうです。 さて、自分の会社を潰すことを考えたときにどのようなことが思いつくでしょうか? 現在1番の取引先からの取引が切られたり、入金がなかったりした場合、あなたの会社は当面2カ月ほど持ち堪えられるでしょうか? 仕入れ代金が払えなくなったり、借金の返済が滞ってしまったり、倒産の道を一…
事業拡大は慎重に 経営

事業拡大は慎重に

会社が順調に成長していれば、事業拡大という方向に考えがちですが、まずは一歩踏みとどまって、その事業拡大が正しいものなのかどうかを見つめ直してみましょう。 操業後まもない会社の経営者が陥りがちなことなのですが、若い経営者というのは、失敗の経験も少なく、どうしても危機管理が薄くなりがちで、業績などが上がってくるとどうしてもイケイケになってしまうことがあります。 ですので売上が拡大してくるような兆しが見えてくると、もっと売上をアップさせようと人やモノを調達して事業拡大路線へと突っ走ります。 例えば、新しいパソコン…
利益は出ているけどお金がない 経営

利益は出ているけどお金がない

「利益は出ているんだけど、手元にお金がなくて月末には困っていて、支払いのことも考えると、仕方なく銀行からお金を借り入れなければならない」。 「勘定あって銭足らず」そんな悩みに困らされている経営者は少なくなく、この状況が行きすぎてしまうと黒字倒産ということになります。 会社経営を始めた頃であれば、この状況が不思議でならないのですが、「儲かっているのにお金がない」なんてことは全く不思議なことではなく、経営者だけでなく一般の社会人として「利益と現金の違い」を考えておかなければなりません。 そもそも決算上における「…
失敗談から学ぶ 経営

失敗談から学ぶ

知識は重要なことに間違いありませんが、それ以上に経験こそがすべてに勝ります。 成功も失敗も全ては経験ですし、それらは繋がっており、経験によって人は強くなっていくもの。 とはいえ、何でもかんでも全て自分ひとりで経験することなど不可能ですから、他人の成功談や成功体験を聞くのはとても重要で参考になります。 あの成功者の体験談や成功の秘訣、どれをとっても素晴らしい響きにしか聞こえてきません。 しかし、注意しておいて欲しいのは、その成功談を聞く目的であり、その本質は「あくまでも過去に学ぶこと」であり、決して成功者の真…
赤字でも消費税は発生するのか? 経営

赤字でも消費税は発生するのか?

2019年10月に消費税が10%となり、その影響があちこちに出始めてきており、先行きの暗い日本ですが、水面下ではさらなる引き上げが、ほぼ避けられない状況になっているなどという噂もありますね。 増税は景気が悪くならないタイミングを見計らって実行すべきだったのに、あの時期に強行してしまったのは本当に痛いですよね。 さて、そんな消費税ですが企業側からみると、消費税の計算方法には「原則課税方式」と「簡易課税方式」の2つの計算方法があります。 原則課税方式 原則課税方式というのは、文字通り、売上の際、顧客から預かった…
プロ経営者 ニュース

プロ経営者

タピオカ飲料大手で台湾発のティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」を運営するゴンチャジャパンが、プロ経営者として有名な原田泳幸さんを会長兼社長兼CEOとして招聘することを発表しましたね。 これにはかなり驚きの声があがっていて、色々と評価は分かれる原田さんですが、今からタピオカに乗っかっても大丈夫なのでしょうかね? 「Gong cha(ゴンチャ)」は、そもそも2006年、台湾で創業した台湾茶専門のカフェだったのですが、どうやら現在は韓国法人ゴンチャ・コリアによって買収され実質韓国企業となっているようで、そ…
デジタル技術による経営改革促進へ 経営

デジタル技術による経営改革促進へ

デジタル技術を活用した企業の経営改革を促すため、政府は、企業の取り組みを評価し、格付けする新たな制度を導入することになったのだそうですね。 デジタル技術による経営改革促進へ国内の企業では事業部門ごとにシステムが細分化されており、会社全体で連携してデータを使っていないなど、まだまだデジタル技術の活用が遅れ、競争力の低下につながっていると指摘されていて、このため政府は、デジタル技術を活用した企業の経営改革を促すため、企業の取り組みを評価して格付けする新たな制度を導入するのだそうですけど、それだったらまずハンコ文…
節税を考えるのは当たり前 経営

節税を考えるのは当たり前

「節税しましょう」というと、なぜか悪いことするのじゃないか、脱税をすすめているのか?などと感じてしまう日本人は多く、そんな考えではなく、稼いだ分の税金はしっかりと払えばいいじゃないかなんていう、清く正しい経営を行おうとする経営者様もいらっしゃいます。 たしかに、これは正しいことなのですが、経営というのは、得た利益から何も考えず税金を払っているだけでは、いつの日かキャッシュアウトを迎え、最後には手詰まりになるなんてことも少なくありません。 そもそも会社は生き物ですし、お金がなければいつしか死んでしまいます。少…