経営

決算発表延期が相次ぐ 経営

決算発表延期が相次ぐ

3月期決算企業の中で、コロナウイルスの影響を大きく受けた小売りを中心に決算発表の延期が相次いでいるそうです。 これはコロナウイルス感染拡大防止策としてのリモートワークが進み、監査が通常より時間がかかっているということもあるのですが、店舗などの資産に対し、帳簿上の価値を落とす「減損処理」が発生しているのも一つの要因となっているようですね。 減損処理というのは、資産の収益性が低下した場合に、資産の回収可能額まで帳簿価額を引き下げることで、酒類販売大手のやまやは決算発表を1カ月遅らせ6月12日に延期したようで、「…
ソフトバンクG、1兆3646億円の赤字 経営

ソフトバンクG、1兆3646億円の赤字

ソフトバンクグループが、今年3月期の決算を発表したのですが、それによると営業損益は2兆円を超える黒字だった前の年から一転し、1兆3600億円余りの巨額の赤字になったのだそうです。 年間の決算で営業赤字、最終赤字となるのはいずれも15年ぶりということで、新型コロナウイルスの感染拡大を背景にした金融市場の動揺で投資先の企業の価値が下がったことが大きく響いたようで、赤字幅は過去最大となるようです。 この巨額の赤字に陥ったことを踏まえソフトバンクグループは、今年3月には最大で4兆5000億円分の資産を向こう1年かけ…
アメリカの経営破綻2割増 経営

アメリカの経営破綻2割増

仰々しく前振りがあった割に、今更その程度のこと?という緊急事態宣言で、一切の補償もなく、あくまでも国民の自主性に任せっきりという、世界に対しても恥ずかしくなるような経済大国日本の危機管理能力とリーダシップで残念な1日を迎えることになりましたね。 アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大に関連した経営破綻が増えている中、日本企業だけは無事だとでも思っているのでしょうかね? さて、そのアメリカなのですが、3月にチャプター11といって、米連邦破産法11条を申請した企業は530社となり、前年同月比18%増えたのだそ…
シェール企業ホワイティング経営破たん 経営

シェール企業ホワイティング経営破たん

シェールオイル生産のホワイティング・ペトロリアムが、米連邦破産法第11条(民事再生法に相当)の適用を申請したのだすで、ここ最近の原油相場の急落による上場企業の破綻は初めてとなります。 そもそも原油価格が、新型コロナウイルス感染拡大による需要減退や主要産油国のロシアとサウジアラビアの増産方針を背景に年初の水準の約3分の1に沈んでおり、債務を抱えるシェール掘削業者は存続が厳しくなっており、会社更生手続きをテキサス州南部地区の連邦破産裁判所に申請したのだとか。 ホワイティング・ペトロリアムはかつて、ノースダコタ州…
会社を潰す方法を考える 経営

会社を潰す方法を考える

自分の会社を潰す方法を考えてください。 経営の話の中で「何を馬鹿なことを!」と思った人もいることでしょう。 しかし、これ実は結構重要なことで、成功している会社の経営者が経営手法のひとつとして教えておきたいことでもあったりするのだそうです。 さて、自分の会社を潰すことを考えたときにどのようなことが思いつくでしょうか? 現在1番の取引先からの取引が切られたり、入金がなかったりした場合、あなたの会社は当面2カ月ほど持ち堪えられるでしょうか? 仕入れ代金が払えなくなったり、借金の返済が滞ってしまったり、倒産の道を一…
事業拡大は慎重に 経営

事業拡大は慎重に

会社が順調に成長していれば、事業拡大という方向に考えがちですが、まずは一歩踏みとどまって、その事業拡大が正しいものなのかどうかを見つめ直してみましょう。 操業後まもない会社の経営者が陥りがちなことなのですが、若い経営者というのは、失敗の経験も少なく、どうしても危機管理が薄くなりがちで、業績などが上がってくるとどうしてもイケイケになってしまうことがあります。 ですので売上が拡大してくるような兆しが見えてくると、もっと売上をアップさせようと人やモノを調達して事業拡大路線へと突っ走ります。 例えば、新しいパソコン…
利益は出ているけどお金がない 経営

利益は出ているけどお金がない

「利益は出ているんだけど、手元にお金がなくて月末には困っていて、支払いのことも考えると、仕方なく銀行からお金を借り入れなければならない」。 「勘定あって銭足らず」そんな悩みに困らされている経営者は少なくなく、この状況が行きすぎてしまうと黒字倒産ということになります。 会社経営を始めた頃であれば、この状況が不思議でならないのですが、「儲かっているのにお金がない」なんてことは全く不思議なことではなく、経営者だけでなく一般の社会人として「利益と現金の違い」を考えておかなければなりません。 そもそも決算上における「…
失敗談から学ぶ 経営

失敗談から学ぶ

知識は重要なことに間違いありませんが、それ以上に経験こそがすべてに勝ります。 成功も失敗も全ては経験ですし、それらは繋がっており、経験によって人は強くなっていくもの。 とはいえ、何でもかんでも全て自分ひとりで経験することなど不可能ですから、他人の成功談や成功体験を聞くのはとても重要で参考になります。 あの成功者の体験談や成功の秘訣、どれをとっても素晴らしい響きにしか聞こえてきません。 しかし、注意しておいて欲しいのは、その成功談を聞く目的であり、その本質は「あくまでも過去に学ぶこと」であり、決して成功者の真…