銀行

2020は銀行の正念場 銀行

2020は銀行の正念場

東京オリンピックが開催される2020年となりました。 2019年に始まった日本のキャッシュレス化の波はどんどん加速していくでしょうし、これによりIT業界の影響力はさらに強くなり、IT企業や流通などの異業種からの金融業参入により既存銀行の存在意義はますます薄れていき、銀行の生き残りをかけた競争が熾烈な年となりそうですね。 大きなところでは、ヤフーとLINEが目指す「スーパーアプリ」の出来いかんでは、これまでの銀行の影響力が失われていく可能性もあります。 そもそもスーパーアプリというのは「プラットフォーム化し、…
UFJがキャッシュレス決済に参入 銀行

UFJがキャッシュレス決済に参入

消費増税対策として10月に導入されたキャッシュレス決済のポイント還元制度の利用が当初の想定を上回るペースで拡大しているのだそうで、ますますキャッシュレス決済市場の競争が激しくなっていきそうですが、ついに三菱UFJ銀行も動き出すようですね。 どうやらUFJは、グルメや旅行などの情報サイトを運営するリクルートと連携し、飲食店やホテルなどでスマホを使った決済サービスを始める方針を固めたとのことで、リクルートとの間でキャッシュレス決済サービスを手がける新会社を共同で設立するのだそうですよ。 決済の仕組みは、利用者が…
84億円の申告漏れ 銀行

84億円の申告漏れ

みずほ銀行が、タックスヘイブンにある子会社の税務処理をめぐり、東京国税局から、およそ84億円の申告漏れを指摘されたのだそうです! これは、タックスヘイブンのケイマン諸島にあるみずほ銀行の子会社が、投資家に出資金を返済した際の資金の流れをめぐり、東京国税局から、この子会社の利益をみずほ銀行の所得と合算するべきだと指摘されたことによるものなのだそうで、これに対し、みずほ側は「租税回避にはあたらない」と反論、処分取り消しを求める訴えを東京地裁に起こしたのだそうです。 処分対象となったのは2016年3月期で、親会社…
銀行に子会社がたくさんある理由 銀行

銀行に子会社がたくさんある理由

銀行にはやたらと子会社があって、一つにまとめてくれれば楽なのになんて思っている人もいることでしょう。同じ企業名を冠しているのに、あっち行って、こっち行って、一箇所にまとめろよなんて文句の一つでも言いたくはなりますよね。しかし、これには理由があるんですよ。 まず銀行の業務については「銀行法」によって定められていて、銀行本来の業務である「預金・貸付・為替」という他の金融機関にはない3大業務である「固有業務」があって、その固有業務に関連する業務として、債務保証、有価証券売買、手形引き受け、債券の引き受け・募集、ク…
Facebookの仮想通貨「Libra」 銀行

Facebookの仮想通貨「Libra」

Facebookが発行を予定している暗号通貨Libraですが、どうやら今週初めに担当者が世界26カ国もの中央銀行の幹部とスイスで面会するのだそうですね。 この会談を主催するのは、ECB幹部のブノワ・クール氏のようで、同氏はLibraがEU域内で運用を許可されるためには「規制当局の承認基準は非常に高い」と警告しており、とても好意的とは言えないのだそうで、先日ヘルシンキで行われたEU財務省理事会の場でも、Libraなどのデジタル通貨技術が金融システムを不安定にし、政府と中央銀行の主権を弱体化させる可能性について…
仮想通貨の銀行 銀行

仮想通貨の銀行

ネットワーク上で電子的な決済の手段として広く流通している仮想通貨ですけど、このたびスイスで仮想通貨の企業2社が銀行と証券業務の免許を取得したのだそうで、これによって世界で初めて仮想通貨の銀行が誕生する可能性が高まったのだそうですよ。 この流れは、スイスの金融当局が、SygnumとSEBAという仮想通貨関連企業2社に銀行と証券業務の免許を発行したのだそうで、さすがは金融立国のスイスですね。 そもそもスイスにある大銀行は「スイス銀行」とも呼ばれていて、世界の富裕層が好んで資産を預けており、これまでは各国政府が預…
世界銀行、2度目のブロックチェーン債を販売 銀行

世界銀行、2度目のブロックチェーン債を販売

世界銀行が再びブロックチェーン債を発行して資金を調達。 どうやら世界銀行は、ブロックチェーンを使った新たな債券「bond-i」を販売し、今回は5000万豪ドル、日本円にして約36億円を調達したのだそうで、今回発行されたブロックチェーン債は2020年8月に支払期限を迎えます。 世界銀行の資金調達部門トップであるアンドレア・ドーレ氏は「投資家とパートナーからの継続的で強力なサポートを嬉しく思います。世界銀行の資本市場での革新と経験は、生産性を高めるためのデジタル化の進展における加盟国との協業や、持続可能な開発目…
2020年度中に新銀行の設立 銀行

2020年度中に新銀行の設立

ふくおかフィナンシャルグループが、2019年5月にデジタル時代に即したシステム開発子会社「ゼロバンク・デザインファクトリー株式会社」を設立し、次世代バンキングシステムの研究開発を進めてきていたのですが、ついにモバイル専業銀行の開業に向け「みんなの銀行設立準備株式会社」の設立を発表しました。 狙いとしては、IT企業など異業種による金融業への参入が相次ぐ中、ネット銀行を設立することによって、若年層の銀行離れに歯止めかけたいようですね。 ふくおかFGによれば、ネット銀行に参入する背景について「スマートフォンなどに…