月別: 2020年1月

マツキヨとココカラ、10月経営統合 ニュース

マツキヨとココカラ、10月経営統合

どうやら、ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインが、2021年10月に経営統合するようですよ。 新会社を設立し、株式移転で両社を傘下に置くということのようで、この統合によって両社合算の売上高は約1兆円、店舗数では3千店と国内首位に立つのだとか。 新会社のトップには、マツキヨHD創業家の松本清雄社長が就任し、経営体制の詳細や株式移転比率は今後詰められていくようです。 新会社の設立に先立って、マツキヨHDは20年の早い段階でココカラ株の約20%を取得し、持ち分法適用会社にす…
中央銀行デジタル通貨の行方 銀行

中央銀行デジタル通貨の行方

国際決済銀行(BIS)が66の中央銀行を対象にした年次調査報告を発表し、それによれば、66の中央銀行のうち80%の銀行は何らかの形でCBDCに取り組んでいて、そのうち40%近くは既に実験や概念実証の段階に進んでいるのだそうです。 国際決済銀行というのは、英語でBank for International Settlements、BISと略され、1930年に設立された中央銀行をメンバーとする組織で、スイスのバーゼルに本部があり、ドイツの第1次大戦賠償支払に関する事務を取り扱っていたことが行名の由来となっており…
JCG、5.7億円の資金調達 資金調達

JCG、5.7億円の資金調達

eスポーツのオンライン大会プラットフォームを提供する株式会社JCGが、外資系機関投資家より総額5.7億円の資金調達をおこなったようです。 eスポーツというのは、エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)の略称で、eスポーツファンは2019年時点で約4.5億人、2022年には約6.5億人に達するとも言われています。 簡単に言うと、複数人のプレイヤーで対戦するゲームをスポーツとみなして行うもので、日本でも急速に市場が拡大しており、先日、NTT東日本が、eスポーツソリューションを提供する新会…
デジタル通貨発行の共同研究 銀行

デジタル通貨発行の共同研究

日本銀行やイングランド銀行を含む6つの中央銀行と国際決済銀行が、デジタル通貨(CBDC)の発行・利用例について共同研究を行うために、新しい組織をつくると発表しましたね。 新設されるのは「CBDCの活用可能性を評価するためのグループ」で、日銀・欧州中央銀行、イングランド銀行のほか、スイス国民銀行、スウェーデン中銀のリクスバンク、カナダ銀行を含む6つの中銀、および国際決済銀行(BIS)も参加するようですよ。 この流れは、Facebookが仮想通貨「Libra(リブラ)」を発表したことに対し、各国政府が反対、ある…
融資するときの3つのポイント 銀行

融資するときの3つのポイント

金融機関が融資を行う際、チェックするポイントが3つあって、まず第一のポイントは返済能力。 やはりお金を貸す以上、借りたお金を返してもらえるのかどうかをしっかりと確認します。 例えば、お金を借りる際に「現在の売上は100万円だけど、三ヶ月後には300万円になるので融資をお願いします」なんて言ってみても、銀行の担当者には売り上げが3倍になるなんてことに重きをおいていません。 金融機関が最も関心があるのは、貸したお金を期日内に、金利を含めた返済をおこなえるのかどうかなのです。 借りる側にもビジネスモデルがあるよう…
補助金申請システム、Jグランツ 助成金

補助金申請システム、Jグランツ

経済産業省が、事業者の補助金申請の手続を効率化するため、補助金申請システム、Jグランツを開発、リリース。 これにより、いつでも・どこでも申請が可能となり、交通費・郵送費等のコスト削減や過去に申請した情報の入力や書類への押印が不要になるなど、事業者の皆様における手間やコスト削減が図られることになります。 現在、2019年度補正予算と2020年度予算で経産省が管轄している27種類の補助金に対応しており、従来、紙による手続きが主流だったものが、利便性を高めるため公募から事業完了後の手続きまでオンラインで完結できる…
降格・昇格の制度導入 ニュース

降格・昇格の制度導入

世界のハイテク株に資金が流入しているのだそうです。 どうやら世界の主要半導体企業で構成する指数が過去最高値を更新し、日本でも半導体関連などを含む「電機・精密」業種の全体に対する時価総額比率が9年ぶりの高水準になり、米中貿易摩擦やイラン情勢への警戒感が後退、投資家のリスク選好姿勢が強まっているのだとか。 リスク選好というのは、リスクの高い資産への投資を増やすことで「リスクオン」「リスク志向」とも言われ、金融緩和、景気回復、金融危機の回避などによって、景気の先行きに楽観論が台頭してくると、投資家が積極的にリター…
赤字でも消費税は発生するのか? 経営

赤字でも消費税は発生するのか?

2019年10月に消費税が10%となり、その影響があちこちに出始めてきており、先行きの暗い日本ですが、水面下ではさらなる引き上げが、ほぼ避けられない状況になっているなどという噂もありますね。 増税は景気が悪くならないタイミングを見計らって実行すべきだったのに、あの時期に強行してしまったのは本当に痛いですよね。 さて、そんな消費税ですが企業側からみると、消費税の計算方法には「原則課税方式」と「簡易課税方式」の2つの計算方法があります。 原則課税方式 原則課税方式というのは、文字通り、売上の際、顧客から預かった…