月別: 2019年6月

ファクタリングの話 資金調達

ファクタリングの話

今、日本において新しい資金調達の方法としてファクタリングというものが台頭してきているようですね。 このファクタリング、簡単に言ってしまうと「売掛金をファクタリング会社に売却して資金を調達する」ことなのですが、それこそ日本ではいまになって広く聞かれるようになった言葉なのですが、実は世界では古くから認知されていたようですね。 まぁ、歴史の話もなんですから、このファクタリングについてもっと詳細に述べてみましょう。 具体例として、10日後に30万円支払わなければならないにも関わらず、銀行口座にはお金がありません。 …
資金業者を選ぶ際に重要視すること 資金調達

資金業者を選ぶ際に重要視すること

企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却し、すぐに現金化することをファクタリングといって、売掛先から売上代金が入金されるより前に資金を調達することができるということで、近年日本でも話題となりつつあります。 これまで日本で資金調達というと、銀行融資一択といってもいい状況だったのですが、銀行融資は時間も手間もかかるうえ、ベンチャー企業であれば中なら審査が通らないなどの問題もあり、昨今の中小企業にとっては厳しいものでした。 ファクタリングが人気となってきた背景には、ざっくりというと、審査も簡単、即日融資で…
ジム・ロジャーズ最新刊 投資家

ジム・ロジャーズ最新刊

世界三大投資家の一人として知られているジム・ロジャーズの「日本への警告 米中ロ朝鮮半島の激変から人とお金が向かう先を見抜く」が講談社より発売されるのだそうです。 ジム・ロジャーズ氏は、これまでに日本を何度も訪れているようですが、最近の日本の変化が気になって仕方がないのだそうで、いまの日本人は皆、どこか重々しい表情をしており、まるで「何かがおかしい」とわかっているのに「何がおかしい」のかがわかっていないようなのだそうです。 国民性なのかどうかはわかりませんが、どうしても日本人は波風立てないことを美徳としており…
運転資金と設備資金 経営

運転資金と設備資金

資金管理において、最初に行うことは運転資金と設備資金にわけることで、金融機関などで融資の相談をする場合も、まず最初に運転資金と設備資金の使い道を尋ねられます。 運転資金 運転資金というのは、日常の営業活動における資金のことで、会社の基本的な事業活動である「仕入れをして売る」ということに関するお金のことで、具体的には、売上・仕入のほかに、人件費・家賃の支払い、その他諸経費などがこれに当たります。 そしてこの運転資金は、その性格上短かき期間の資金ともいえ、営業活動の中で発生する債権債務の回収や支払いの期間は、1…
原油が上がると株価が上がる 投資家

原油が上がると株価が上がる

金融関連のニュースでは、株価や外国為替レートとともに原油価格が伝えられます。 なぜ株価や外国為替レートと同じレベルで原油価格が伝えられるのか不思議に思われるかもしれませんが、実は、原油価格が上がると株価もつられて上がりやすいと言われているんです。 というのも原油価格が上がるというのは、それにかかるモノ、石油製品やプラスティック、化学繊維などの価格も上がることを意味しており、これらが上がるということはインフレになる可能性が出てくるからで、インフレ自体、私たちが普段買っている日用品やサービスの値段が上がることを…
銀行融資 銀行

銀行融資

銀行融資には2種類あって、1つは「保証協会付融資」、もうひとつは「プロパー融資」で、保証協会付融資というのが、その名の通り、信用保証協会が保証人となってもらい融資を受けることで、プロパー融資の場合は、保証協会が入らず、直接銀行から融資を受けることになります。 この信用保証協会というのは、中小企業が市中金融機関から融資を受ける際、その債務を保証することで、中小企業の資金繰りの円滑化を図ることを目的としています。 保証付融資 保証付融資では、万が一、借主の返済が滞った場合、借主に代わって信用保証協会が金融機関に…
融資拡大する2ヶ月 資金調達

融資拡大する2ヶ月

会社を経営するのはとても大変ですが、これは銀行でも同じことで、銀行にも決算があり、3月の本決算、9月の半期決算では数字が重要になってきます。 そういうわけですから、銀行ではこの3月と9月に数字をあげるため、他の月に比べ融資枠を拡大する傾向があります。 なにせ銀行員にもノルマはあるわけですから、なぜか3月と9月に連絡が多いなぁなんて思われる経営者様もいらっしゃるのではないでしょうか。 ということは、銀行からの融資を期待できるのは3月と9月だから、その月になれば申し込んでみようと思われた方、それでは不十分です。…